肌断食 アトピー

肌断食でアトピー性皮膚炎を克服する

肌断食でアトピー性皮膚炎を克服するということについて、まずアトピー性皮膚炎とは、肌のバリア機能の低下がこれ以上低くなるところない状態になってしまったことを言います。生まれつきという人、大人になってからという人もいますが、肌のバリア機能が低下しているということは同じなのです。乾燥、かゆみ、痛み、発疹などひどい状態になってしまうのです。
アトピー性皮膚炎の治療法としては、症状を落ち着かせることを目的としたステロイド外用薬、保湿剤を塗る方法があります。ステロイドは長期の使用には副作用があります。アトピー性皮膚炎の根本治療に対して、脱ステロイド、脱保湿という考え方があるのです。これは肌断食という方法になるのですが、肌に何も与えないという考え方です。肌断食をすることによって、本来、肌が持つバリア機能を上げていくということ、アトピーに負けない肌にすることなのです。肌断食は、何もつけないので、肌がガビガビに、かゆみもひどくなり、ボロボロになるのです。しかし、この肌断食を乗り越えると、肌が自らの力で潤い、免疫力をなどバリア機能を上げてくれるのです。簡単に自己流で始めることはオススメしません。きちんと専門家の指導の元で肌断食を行い、肌のが持つ本来の力をきちんと知ることがアトピー性皮膚炎克服に求められていることだと思います。